持続化給付金(最大100万円)、風俗嬢も対象になるのでは?

2020年5月13日

2020年4月26日現在、まだ詳細が発表にはなっていませんが、新型コロナウイルス感染の影響拡大に伴い、持続化給付金という制度が準備中です。
現時点でわかっていることをまとめてみました。

持続化給付金って何?

  • 感染症拡大により影響を受ける事業者に対して、事業を支えるために使えるお金として給付されるもの
  • 給付なのでもちろん返さなくてよいお金

対象は?

  • 法人だけでなく、フリーランス、個人事業主も対象(風俗嬢は個人事業主です!)
  • 新型コロナウイルスの影響で、前の年の同じ月から50%以上売り上げが落ちていることが条件

いくらもらえるの?

  • 個人事業主の場合、最大100万円
  • ただし、前の年からの売り上げの減少額が上限になります
    (正確には[前年の総売り上げ]-[減収月の売り上げ×12]が上限)

申請に必要な書類は?

  • 本人確認書類
  • 2019年度の確定申告の控え
  • 売り上げが減っている月の売り上げが分かる帳簿
    →帳簿の様式は問わないとのことなので、手帳などに出勤した日と本数と金額などメモしてあれば使えると思います。

確定申告してないとだめ?

  • 今出ている情報では、前の年の確定申告書が必要とのことです
  • 去年の確定申告の期限は過ぎていますが、期限を過ぎても確定申告はできますので、していない場合は今からすることを検討してもよいでしょう
  • 「無申告 風俗」などで検索すると、ずっと確定申告していなかった場合でも相談に乗ってもらえる税理士さんも見つかります。

いつから申請できて、いつもらえるの?

  • 2020年の4月最終週に詳細が決まる予定です。
  • 申請はその1週間後ぐらいを目安に開始になる予定です。
  • 申請後2週間ほどで振り込みされる予定とのことです。

まとめ

  • まだ詳細はわからないが、今出ている情報だと持続化給付金は風俗嬢も対象になりそう
  • してない人は今からでも確定申告をした方がいい可能性も?
  • 売り上げが減ったことがわかるように記録を残そう

◎参考 https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

現在このページは4/26時点での情報を記載しています。
新しい情報が入り次第更新しますのでご確認ください。


4/27 風俗店、風俗嬢のみが名指しで給付の対象外という発表がありました